イーホームズ藤田東吾社長の伝える真実をしっかり検証しましょう。既存メディアに変わるべきインターネット(BLOG YouTube)で戦う藤田社長を応援しましょう!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
イーホームズ再開
藤田社長より「イーホームズを復活させました。」と連絡が入りました。

イーホームズ株式会社とは別の団体として再スタートしたらしいです。

URLは下記になります。 

http://ehomes.co.jp/
| 21:32 | サイト管理者より | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
今年もあとわずかです。
JUGEMテーマ:ニュース
JUGEMテーマ:日記・一般

 今年もあとわずかですね。

このブログは、ほとんど無活動で1年が過ぎてしまいました。かなりランキングも下がりましたが

社会・経済ニュース ブログランキング 25位
ニュースブログ村72位

とまだまだ耐震偽装隠蔽問題に関心ある方は多いのかな?と今年を振り返り考えています。
11月から、藤田氏は新たなブログを立ち上げ、新しい事業に力を注いでいるようです。
当ブログでも、引き続き新たな情報については、発信を続けていこうと思います。

事件から3年が経過して、耐震偽装隠蔽問題後の建築基準法改定により、建築、不動産事業の不況は、当時の政府判断が大きく間違っていたことを証明していると思われます。

問題を告発したイーホームズは、免許を取り上げられ廃業の道を選ぶことになりました。
筑紫哲也さんの藤田社長最後のインタビューは「告発したことで藤田さんは全てを失いましたね」だったかと思います。

当時の政治判断により、多くの違法マンションは闇に隠れることになり、藤田氏が自分の会社を失ってまで告発した意味があったのか?と思っている方も数多くいるかと思います。

マスコミの戦略によるイーホームズについての手抜きチェックと言われるイメージは、10月の奈良の裁判ではっきりと事実無根であるとの指摘がされています。

しかし、この告発で、より、安全性の高い建築物が建設されるようになったこと、過去の公共建築物の耐震診断が普及し、公共建築物の安全補強が日本全国で行われたこと。これらは、藤田東吾氏が、自分の会社と引き換えに世の中に貢献したことであると今は言えるのではないでしょうか?

ブログによると今後は、環境的なビジネスを展開していくとのこと。今後の藤田氏の活躍を当ブログでも追っていきたいと思います。

藤田氏と思われる人物の発信するブログ
http://ameblo.jp/nukebenten/

| 15:49 | サイト管理者より | comments(2) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
イーホームズに過失なし【奈良】
ほとんどマスコミで取り上げられることもなくなりましたが、約1年ぶりに更新します。10月30日に下記の判決が出ました。
「偽装を見抜けなかったイーホームズにも過失はない」との判決が出たようです。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/184701/
国と自治体イーホームズを「グランドステージ(GS)千歳烏山」と「GS溝の口」の住民が損害賠償を求める訴えを東京地裁にしていますが、こちらは、イーホームズに関しては奈良と同様かと思われます。はたして国の責任が問えるか注目されています。

耐震偽装 ホテル休業に4億7500万円賠償命令
10月30日0時31分配信 産経新聞

 元1級建築士、姉歯秀次受刑者(51)=建築基準法違反などの罪で実刑=による耐震偽装事件で休業に追い込まれたとして、「サンホテル奈良」(奈良市)のオーナー会社が損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、奈良地裁であった。坂倉充信裁判長は開業指導を行った「総合経営研究所」(東京都)と指定確認検査機関「イーホームズ」(同、廃業)への請求は棄却。ホテルを建設した「木村建設」(熊本県八代市、破産)の債務保証をした「日動工務店」(熊本市)のみ賠償責任を認め、請求とほぼ同額の約4億7500万円の支払いを命じた。

 訴えていたのは、サンホテル奈良を所有する「増富」(奈良市)。

 坂倉裁判長は判決理由で、「ホテルは耐震基準を満たしておらず、構造上主要な部分に欠陥があった」と認定。木村建設には「瑕疵(かし)担保責任」があり、賠償責任は偽装の認識の有無に左右されないとした。

 一方で、総研については偽装を指示した事実は認められないと判断。偽装を見抜けなかったイーホームズにも過失はないとした。
 木村建設の社長は、姉歯受刑者による構造計算書偽造を知りながらサンホテル奈良側に工事代金を支払わせた詐欺や建設業法違反の罪で有罪が確定している。
| 23:08 | サイト管理者より | comments(1) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
国交省幹部が元次官に献金 会社員と記載
ようやく出ましたね!政治資金規正法に抵触する虚偽記載ですか!
藤田東吾氏が国会議員になって追求してほしい内容ですね!

<06年政治資金>国交省幹部が元次官に献金 会社員と記載
9月14日22時37分配信 毎日新聞

 国土交通省の元事務次官、佐藤信秋参院議員(自民、比例)の後援会が昨年、豊田高司元技監ら同省OBや現職の職員など約300人から寄付を受け取っていたことが、14日に公開された06年の政治資金収支報告書で分かった。後援会は寄付を受けた人物の職業を「会社員」と勝手に書き換えていた。政治資金規正法に抵触する虚偽記載の可能性があり、後援会は今後、収支報告書を訂正する予定だ。
 佐藤議員は今年7月の参院選で初当選した。収支報告書によると、後援会は昨年1年間で約300人から、総額2927万円の寄付を受けた。豊田元技監は同省の水門設備工事を巡る談合事件にかかわったと国交省が認定している。寄付者には、同省出身で東京都青梅市の竹内俊夫市長らもいたが、全員の職業を「会社員」にしていた。
 佐藤議員の事務所によると、寄付は銀行口座への振り込みで行われるため名前と住所しか分からなかったので、会社員と記載したと説明。その上で、「職業の書き換えは、寄付を隠そうという意図はなく、こちらの認識が欠けていた。昔からの友人が個人として寄付してくれたものだ」としている。
 国家公務員の政治献金は、個人の意思であれば問題ないが、強制したり、組織を挙げて行えば、国家公務員法などに抵触する。国交省は「個人によって献金されたもので、組織的なものではない」とコメントしている。

最終更新:9月14日23時51分

| 21:51 | サイト管理者より | comments(1) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
藤田社長の最新日記
「耐震偽装と報道責任」に、僕が書いた「建築ジャーナル」の記事へのコメントが出た!

http://tobeajornalist.blog71.fc2.com/#s184

であります。

「耐震偽装と報道責任」のブログを書いている方は、技術者であり、法律家でもあります。故に、耐震偽装事件に直接的または間接的に発生した報道内容に対して、厳しく的確な論評を継続してされてきた方でもあります。

是非読んでみてください!

*写真は、偽装新御三家の佐藤信秋(この夏の参院選で恥を晒すために当選した、耐震偽装隠蔽を導いた最高責任者)、山本繁太郎(現内閣官房審議官、伊藤公介との利権を守る為に住宅に住む住民の命と財産を犠牲にした当時の住宅局長)、小川冨吉(事件時における鉄砲玉!一旦、排出したが、国交官房審議官に出戻った)⇒写真がないので、アベにしておきます。



| 15:32 | サイト管理者より | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
明日の応援演説の場所が決定したのでお知らせします。町田の東急百貨店/109/マツキヨの交差点です。(第一部)
明日(7/25)、18時からの応援演説場所@町田東急百貨店・109・マツキヨ交差点
明日の応援演説の場所が決定したのでお知らせします。町田の東急百貨店/109/マツキヨの交差点です。(第一部)

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.32.23.071&lon=139.26.59.498&sc=2&mode=map&type=scroll

その後、駅の反対側のみずほ銀行前。(第二部)

明日は、午後一で、中部圏にて仕事の用事があるのでぎりぎりですね。がんばろ!




| 10:23 | サイト管理者より | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
藤田社長の最新日記【 21歳になってしまった。いや、21日の誕生日で、4*さいになりました・・・】
おめでとうの言葉を頂いた皆様、ありがとう!46歳頑張ります!正確には、丸46年生き切って、今日から、47年目の一日です!

京都での街頭演説と、その後の、ハートピアでのビル・トッテンさんと天木直人さんの講演が、有志の方のご好意によってUpされました。

(1と2は、街頭演説部分ですから、既にお知らせしたものです。こちらの方が、画像がきれいらしいです)
1.http://www.veoh.com/videos/v818305aa2eHnce?searchId=2024834041453763114&rank=1

(天木さんの街頭演説の締めくくり)
2.http://www.veoh.com/videos/v826492JzMcmrM3

(ビルトッテンさんと天木直人さんのお話し。天木さんを応援する気持ちが更に高まりました!)⇒見たら、ビルトッテンさんの後の、天木さんの講演がないですね・・・これ、有志の方に連絡してみます。
3.http://www.veoh.com/videos/v8193246e6DEXR9

この後に、僕の長い話があるのですが、長すぎるので割愛します

4.http://www.veoh.com/videos/v824358brN8MSJN
| 11:03 | サイト管理者より | comments(1) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
天木直人氏の応援演説in京都
天木直人氏の京都での演説ビデオが下記にアップされています!
http://video.google.com/videoplay?docid=-7926578265055332445

厚生労働省の発表によると自殺による死亡者が7年連続で3万人を超えたそうです。交通事故での死亡者が年1万人と言われていますから、その3倍の方が自ら死を選んでいることになります。欧米先進国と比較すると世界一の自殺率である。戦後の経済発展の為に作り上げた倫理観のツケが、ここにきて自殺者を生み出していると言えるのではないでしょうか?
例えば企業に融資する銀行による個人保証の問題である。銀行は経営者個人の家屋敷を担保にするのが、あたりまえになっている。事業に失敗した経営者は大切な家族を守る為に生命保険を頼りに死を選ぶ道筋が作り上げられている。
果たして、これらの社会通念は間違っていないだろうか??銀行の融資基準は間違っていないだろうか??
たとえば、消費者金融などは融資者からの返済に対して「恐怖」を利用しています。
「取り立て」が怖いといったイメージによって確実に回収をします。返済しないとテレビでよく出てくるような怖いお兄さんが朝から晩まで家や会社に押しかけるんじゃないかといった「恐怖」のイメージをうまく利用しています。実際は法律で定められた方法でしか取り立ては出来ないのですが、恐怖から逃げる為に借金の返済の為に、また借金をしてしまいます。結果的にそれによって借金が増えて首が回らなくなるのです。これらは真面目な日本人の特性をうまく利用していると言えます。自殺する前に弁護士などに相談すれば解決方法などはいくつも見つかる方は実際に多いのです。ただ、消費者金融のテレビCMはバンバンテレビで流れていますが、弁護士事務所の広告はみかけないですよね・・・
本来であれば消費者金融のCMと同じ程度弁護士事務所のCMが流れれば確実に自殺者は減るんじゃないでしょうか?弁護士の広告は日弁連により規制されています。昭和初期に制定されたこの会則は現代社会に則しないと言えるでしょう。
これらのの日本の社会構造による問題点に、社会はもっと敏感であってもいいのではないでしょうか?
| 03:29 | サイト管理者より | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
JANJAN江口氏の最新記事【検証・耐震偽装 悪いのは誰か?何か?(16)やっぱり?捏造したのか?国交省】
JANJANの江口氏の最新記事が更新されましたので、ご紹介いたします。

検証・耐震偽装 悪いのは誰か?何か?(16)やっぱり?捏造したのか?国交省

過去の耐震偽装関記事(JANJAN)

| 00:25 | サイト管理者より | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
9条ネットからの要望書
私も応援している「9条ネット」から、各報道機関宛てに要望書が9条ネットのホームページに掲載されていますので転記させていただきます。
http://9jo-net.org/

報道各社様

選挙報道における公正性をもとめる要望書
日ごろの報道の公正さに努めるご努力に敬意を表しております。  
しかし、選挙についてはきわめて公正さに欠ける報道姿勢となっています。
比例代表選挙の報道では、政党要件のある政党の政策・選挙運動については報道するにもかかわらず、政党要件のない四つの確認団体については「諸派」と一括し、政策はおろか団体名すら報道しません。これは、結果的に少数政党を排除する、ネガティヴ・キャンペーンに他なりません。
ほんらい、国民の多様な意見を反映すべき参議院の趣旨からいっても、そぐわないものです。
選挙区選挙の報道では、一応は全候補者の名前や運動を、程度の差はつけても報道しています。比例代表選挙だけ、「政党要件の有無」によって差別する根拠はありません。
比例代表制度はほんらい少数政党にも議席を獲得しやすくし、民意をできるかぎり正確に反映することを趣旨とするものです。しかるに、政党要件のない団体が比例代表に候補を擁立するには、政党要件のある政党よりもはるかに高いハードル(比例代表と選挙区あわせて10名以上の候補擁立が必要)を強いられています。このハードルを越えて比例選挙に挑む少数政党にさらに差別を加えるというのは、社会の公器としてのマスメディアのとるべき態度ではありません。
是非とも、公正な選挙報道を実行されるよう、要望いたします。
2007年7月13日
9条ネットを代表して 弁護士・前田知克
03−5888−4799
FAX 03−5888−4809
〒104-0045
中央区築地1−4−11 日東第2ビル 202
| 23:25 | サイト管理者より | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック