イーホームズ藤田東吾社長の伝える真実をしっかり検証しましょう。既存メディアに変わるべきインターネット(BLOG YouTube)で戦う藤田社長を応援しましょう!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
藤田社長への激励メッセージ
以下のURLで藤田社長への激励メッセージを受け付けています。

藤田社長への激励メッセージ←メッセージはこちらから!

このブログの存在に藤田社長よりお礼のメールをいただきました。
イーホームズの社長としての藤田社長のミッションは「耐震偽装隠蔽事件」を「安部総理」への直訴することだと思われます。
このミッションが完了するまでは藤田社長へメッセージが届く予定です。
| 11:00 | 藤田社長への激励メッセージ | comments(21) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
スポンサーサイト
| | - | - | - |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
藤田社長ご苦労様です。
ところで、提案があります。
APAが藤田さんをまるでうそつきのように誹謗したということで、名誉毀損で民事訴訟を起こされてはいかがでしょうか。
アパマンション成田の偽装が明らかになりつつある今本当のことを主張している藤田さんに対し名誉毀損で訴えてやると言うことだけですでに藤田さんをうそつき呼ばわりしていることになります。法廷に出れば全てを明らかにしなければならなくなります。
慰謝料10億円ぐらい請求してやれば逃げようがありません。いかがでしょう。
また、水落一級建築士を建設業法違反で刑事告訴されてはいかがでしょう。彼が逮捕されるのも時間の問題です。藤田さんが告発して逮捕されたとなれば、藤田さんの汚名も少しは、返上できるのではないでしょうか。
| 土木屋 | 2007/02/04 16:14 |
藤田さんへ

支援案になりますがここの方が見てくれる人が多いと思いまして。
啓蒙活動ですが学生を利用しては如何でしょうか。有名国公立、私立大学などでは著名人による特別授業、講演会などが盛んに行われていますが、その人に了解を取り付ければ飛び入り参加なども可能ではないでしょうか。勿論、それを了解した方に迷惑が掛かる可能性が大であることはありますので了解される方のみとなりますが。藤田氏単独の講演はどこのイベント会社も取次ぎ不可かやる気があっても実現できないでしょう。公民館やホールを借り切って単独の講演もいいでしょう。それなら拒否される理由は少なくなると思います。
とにかくネット社会を自由に飛び回る学生層の若者達にこの現状を知ってもらえてその中の一部でも、表現は悪いですが暴れてくれればかなりの力になると思います。憤慨して既に
動き回っている学生グループとかが以前の2ちゃんの佐賀県スレの乱立のような暴れ方をしても良さそうなのですが、国の思想教育は権力に従順な人間ばかり育てていますのでその結果かと思います。彼らにきっかけを与えれば大きな力になりますので是非やってください。

デモも学生運動もしなくなった日本人の将来が心配な者です。
| こんなの如何でしょう | 2006/12/06 11:31 |
私が何もできていないことに、大変歯がゆく思っています
藤田さん個人のちからでは相手が大きすぎるように、なんとなく思います
私にできることと言えば、募金と、投票くらいです
せめて、法律に触れない範囲での募金とかできるとありがたいのですが

私見ですが、どう考えても、政党に所属されるか、
政党を立ち上げられるか、とにかく政治の中に足を踏み入れないと、そうでないと、そろそろセンセーショナルなイベントぶち上げられて(例えば拉致被害者の帰国とか)
忘れ去られるのではないかと思います

私とて、何かのニュースに腹を立てても、センセーショナルなニュースがあると、あれっ、さっき何に怒ってたのかな?
ということがあります

藤田さんのやろうとされていることは、部分的な事というよりも、革命に限りなく近いと思うのです
しかし、革命は非現実的で、政治家になられることの方が、
何十年かかろうが、確実で近道だと思うのです
だから、お体を一番ご自愛ください

そして、募金の振込先(法的な前提が必要ですが)と、藤田さんの力になってくれる政党名があれば是非公表してください
無条件にとはいきませんが、私なりにその政党を吟味して、藤田さんの件を優先的なプライオリティとして投票にのぞみたいと思います
政治家になれば、不逮捕特権もありますしね

もし、ミイラ取りがミイラになっても構いません
藤田さんの行動は、日本に不足しているのは”能書き”ではなくて、現実をそのまま公表することだということを、私たちに再認識させてくれたことだけでも、大変感謝していますから
| | 2006/11/28 00:56 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/11 12:47 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/03 17:56 |
藤田さま

どんなに苦しくても、どんなに孤高になっても、どれほどの罵詈雑言を浴びせられても、負けないでください。

あなたには「徳」があります。

何年経っても、必ず人が集います。
| 狼煙 | 2006/11/03 16:05 |
アメリカからインターネットで経過を追っています。
マスコミは藤田社長を揶揄したような表現で報道していますが、私は断固藤田社長を支持します。
政治も、マスコミも、企業も、学校も、何もかもが腐敗しつつある日本で、藤田氏の行動は、一筋の希望です。応援しています。
| もん | 2006/10/31 17:46 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/30 11:13 |
バナーをつくるといいですよね。

賛同する人はそれをHP,blogにはる。車や自転車や。家やTシャツや。coolなやつがいい。

多くの人が賛同できる言葉がいいですよね。
どんな立場のひとでも共感できる言葉、普遍的な言葉が。

みんな本当のことが知りたいんだと思います。

だから。がんばれ、東吾。
言葉だけじゃなく、必ず、ひとつは何かをすると約束するから。日本の未来のために。
| | 2006/10/29 13:26 |
RSS付ける。
英語のサブタイトル付ける。
これだけで集客力が 違う。
| 通りすがり | 2006/10/29 08:18 |

藤田社長がんばってください。
こうなればデモ行進しかないと思います。
そうすればマスコミも無視できません。
ネットの方々に納得してもらうだけの根拠を用意して、
デモ行進を呼びかけるべきでは?
きっと結構あつまってくれるんじゃないでしょうか。

ここまでマスコミが相手にしないのは
何かあると思わざるを得ないのです。

これに気に入らない人は、小林ヨシノリの非加熱製剤の時みたいに、何かアクションをおこすべきではないでしょうか?
| ななしですいません | 2006/10/28 16:16 |
藤田社長
応援しています

戸建(特にパワービルダー)は、マンション以上に酷い状態です。
戸建も徹底的に糾弾してください。
お願いします

以下、参照下さい

賃貸不動産
http://money4.2ch.net/estate/

建設住宅業界
http://money4.2ch.net/build/
| | 2006/10/28 15:06 |
56歳の自営業です。
逮捕のタイミングなどからてっきり藤田社長も仲間だと思い、正直言って、社長の言動に偽善者を見るような不快感を持っておりました!しかし、きっこの日記などを読んで、いろいろ調べてみると、全くの誤解とわかりました。たぶん僕のような人が大多数だと思います(大マスコミの情報操作によって・・・)。
藤田社長は、ハッキリいって権力に嵌め込まれた、哀れな正義の善人です!!!!!

安部首相の、バックにある複数の宗教団体、天下りとの関係、某ア○グループとの関係、大マスコミの偏った報道、安信会・・・・・・!全て白日の元に曝け出して欲しい!!

もっと、根性のあるマスコミはもう日本には存在しないのですかねぇ・・・・・!!!!!!

藤田社長!!!!!!
頑張れーーーーーーーー!
そして、真実を暴いてください!!!!!

| ハル | 2006/10/26 21:46 |
私は不動産会社に勤務をしているんですが、
あなたが暴露をしなかったら、この国の建築は
どうなっていたことやら・・・。
特に弊社はマンションの仲介をしているだけに
弊社を通じてマンションを購入していただいた
お客様が、もし大地震でも発生したら大変なこ
とになってしまいますからね!

もし宜しければ遊びにきてみて下さい。
http://www.asahi-lv.co.jp/yokohama/blog/
| HISAKA | 2006/10/26 21:11 |
41歳の会社員です。きっこさんとこで藤田社長の訴えを知りここまでたどり着きました。だれが本当のことを話しているのかは、工事がストップしている事実が全てを物語っている気がします。ささやかなコトしか出来ませんが、ぼくも藤田さんを応援します。さっきじぶんのブログにきっこさんトコの社長コメントとこの応援HPのURLを貼らせていただきました。あの物件の購入者の方たちにも、この声を届けてあげたい気がします。
藤田社長がんばれ!
| | 2006/10/26 00:52 |
これって結構大きい問題だから海外のメディアとしては
耐震偽装そのものよりも、「今話題のyoutube」をこういう方法で使って
国民に訴えてるっていうのがおいしいネタ

とくにIT関連を支持する海外のマスコミなら尚、吉

誰か職人が彼の前編に英訳字幕をつける

海外の多くの人が目にする(中には海外マスコミ関係者も)

海外の各マスメディア(とくにIT系のスポンサーつけてるとこ)が日本でこのようなことがあると取り上げ始める

海外で話題になり、外国人もブログに取り上げ始める

その火の粉が日本のマスコミに舞ってきて、日本のマスコミも仕方なく報道

日本の世論が傾いて、藤田の主張がとおる


個人が国を相手取ってここまでするって「飯塚事件」みたいだな
| mike | 2006/10/25 23:30 |
藤田さん頑張って下さい!
僕には何も出来ませんが自分のホームページにきっこの日記を貼り、遊びにきてる人達にこの現状を広めました。

又、各テレビ局のニュース番組にこの耐震偽装の事件を取り上げるようメールしてみました。

微力ではありますがお力になれたらと思います。
| としお | 2006/10/25 22:56 |
皆さんコメントありがとうございます。

私も皆さんと同じく藤田社長と面識があるわけではなく、許可もなく急に応援サイトを作った関係上、中傷などの書き込みをこのサイトに掲載する必要もないのでは?考えています。よって応援のコメントだけを承認させていただいています。

藤田社長も数多くのメール対応も大変かと思いますので、「藤田社長への激励メッセージ」は取りまとめて1日1回藤田社長宛にメールしています。

お預かりしたメッセージは、ある程度の数になれば、このサイト上でも公開させていただきます。

↓このサイト宛に届いた藤田社長からのメッセージです。

送信者: Fujita Togo <×××@×××.jp>
受信日時: Mon, 23 Oct 2006 07:00:36 +0900
宛先: ganbarefujita@×××.jp
Cc:
件名: Re: 何かのお役にたてれば・・・

ありがとう!
ただ、僕は、たまたま当事者になってしまったに過ぎなく、傍観者ではないだけなのです。つまり、今の時代における、メロスかセリヌンティウスかのどちらかに配役をまわされてしまっただけなので、役どころをしっかり演じきるのが、憲法が定める、国民の義務なのかなあと思うところです。返信は結構です。

藤田東吾
| 管理人 | 2006/10/25 19:39 |
>このブログの存在に藤田社長より今朝お礼のメールをいただきました。
そのメールは公開できないのでしょうか
公開した方が効果的かと思いますが

「藤田社長への激励メッセージ」も
何処へどのように届くのか解かりませんが
このブログの管理者を経由するのであれば
全て公開(誰でも閲覧可能)の方がよいのではないでしょうか
| | 2006/10/25 17:14 |
はじめまして、今このサイトを初めて見ました。
いつも携帯からですが、きっこさんのブログを通して、陰ながら藤田社長の勇姿を応援しています。
さらに、直接ここから藤田社長にメッセージが届くことを知りました。管理人様にも感謝しております。

私の周囲でも『きっこの日記』で藤田社長がどれだけ孤軍奮闘されているかを知っています。you tubeも見ました。
藤田社長は何一つ間違っていません!!!!!敵も多いですが、味方は沢山います。

総理をはじめ、国と極悪関係者の隠蔽体質の腐敗加減をまざまざと見せつけられ、憤りの度を越す毎日です。

藤田社長の手記が一日でも早く公に出版されることを祈ります。毎日・毎朝「今日こそは…」と新聞・ニュースに目を通すのに、未だ日本のマスコミは何一つ明らかにしていない事に怒り心頭です。

ネットの力と藤田社長のあくなき戦いに勝利の軍配が上がる事を信じています。

毎日心身ともに疲労困憊しているのではないかと心配しております。お体どうぞご自愛ください。
乱文にて失礼いたしました。
| mama | 2006/10/25 15:36 |
はじめまして!
藤田さんの失敗から学ぶ素直な姿と、僕が物心ついたときから嫌悪感のある建設業界にメスをいれる姿に感動しています。新しい藤田さんがんばってください。非力ながらホームページ「比較3原則」へのyou tubeリンクさせていただきます。
| ヒロ | 2006/10/24 19:27 |









 
この記事のトラックバックURL

http://ganbarefujita.jugem.jp/trackback/29