イーホームズ藤田東吾社長の伝える真実をしっかり検証しましょう。既存メディアに変わるべきインターネット(BLOG YouTube)で戦う藤田社長を応援しましょう!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
イーホームズ藤田東吾社長ロングインタビュー
耐震偽装問題は終わっていない

MIXIやYouTubeという最新のWEB2.0ツールをフル活用し、自らの言葉で「耐震偽装問題」での国や国土交通省の責任を「告発」しているイーホームズの藤田東吾社長の発言はインターネットユーザーを中心に大きな話題となっている。

姉歯元建築士をはじめ、数名の容疑者逮捕で終息したかに見える「耐震偽装問題」。
この問題は、今からちょうど1年前、イーホームズ藤田東吾社長が姉歯設計士の作成した構造計算書が悪意ある改ざんによって偽造されていることを国土交通省に「告発」したことから始まった。

藤田社長ロングインタビュー/自らビデオ撮影を行い疑惑を告発する藤田社長

藤田東吾社長は、自らが興した会社の屋台骨を揺らしかねない構造設計上の偽装を「告発」したにもかかわらず、自社で架空増資を行ったとして、別件ともいえる公正証書原本不実記載の容疑で2006年4月に逮捕、10月に有罪との判決を受けた。

有罪ではあったが司法の判断では、「架空増資は耐震偽装問題との関連性なない」との検察側の主張を退けた判決であり耐震偽装問題としては実質的に藤田氏無罪の判決であった。

判決後の記者会見上で、この事件の本質は「耐震偽装”隠蔽”問題」であり、「まだまだ偽装された物件は数多く存在する」と、見えないシナリオで終息に向かっていた耐震偽装問題の闇の部分に対し「他の物件も偽装が行われており、隠蔽されている」と「プレスリリース」を発表。国土交通省や国の責任を言及。巨大権力に対し果敢な挑戦を開始した。

この記者会見での藤田社長の発言や発表した資料を多くのマスコミが「未報道」であったり、「湾曲された報道」を行ったことに対しネットユーザーを中心に多くの国民が違和感を感じることになる。
この状況にジャーナリストの江川紹子氏だけが既存メディアの姿勢に「フェアではない」 と自らのサイトで語り大きな話題となった。

江川紹子ジャーナル「フェアではない」


「人気ブログランキング」ニュース部門1位

何かの圧力に屈し、事実を伝えない既存メディアに代わり、当ブログ「頑張れ藤田東吾」(http://ganbarefujita.jugem.jp)は10月21日に誕生した。

ブログスタート2日目から大きな注目を集め、ブログランキングサイトの老舗「人気ブログランキング」の”ニュース部門”では現在1位、”総合ランキングでも50位以内”と多くのネットユーザーの支持を集めている。

当ブログでは、既存メディアが藤田社長の新たな「告発」を伝えない状況の中、最新の藤田社長の生の声をダイレクトに掲載している。

藤田社長の新たな「告発」により世間が改めて耐震偽装問題に注目している中、既存メディアに対し、ブログを中心とした新しいインターネットメディアとの情報の食い違いにより「既存メディアの報道には疑問を持て!」とネットユーザーに警告を発することに成功したと言えるだろう。

当ブログでは、10月30日に藤田東吾社長へのインタビューを行った。
この10日間、さまざまな方法で藤田社長の「告発」の言葉を伝えてきたが、このインタビューでは、彼が伝えたいことを当ブログの視点での質問を交え、語ってもらった。
【2006年11月1日 頑張れ藤田東吾 管理人】
藤田東吾社長インタビューQ1.藤田社長が現在戦ってらっしゃる相手を教えて下さい。

多分、今の日本の「歪んでしまった価値観」と戦っているのだと思います。

僕は、この「耐震偽装”隠蔽”事件」を通じて、今の日本社会を覆っている闇の存在を知ることが出来ました。

一番は、国民の奉仕者であるべき公務員(官僚、地方公務員、東京地検、警察、政治家)が、国民の為ではなく、一部の者への奉仕者になり果て、その利権構造を守るために、少数の者の口を封じていることです。


二番目は、そうした国策に乗った報道規制に従い、真実を語らないマスコミ。
そして三番目は、彼らによって、歪められた日本の価値観を受け入れてしまっている国民ではないかと思います。

僕の言葉が、時に論点を飛躍するケースもありますが、「もっと簡単に、分りやすく」例えば、小泉首相が語ったように、「ずばり言うべきだ」という指摘が多く寄せられます。

例えばアートや生活の世界では、「Simple is Best」です。

しかし、今という時代を生き抜く上で、このような簡単な言葉だけで伝え切れるでしょうか?私は違うと思っています

それらの考え方は、明治中期以降、日本を堕落させる契機となって行く、一部の陸軍的(※1)な思想につながります。

日本を唯物論的、打算的、そして、今風に言えば、マニュアル的な価値観に導いている考え方と言えないしょうか?

すなわち、本質論ではなく、ただ目的を達成するための手続き論的発想と言えます。
第二次世界大戦に突入したのも、この陸軍的思想が背景にあります。

この国には、とても美しい情緒を伴った、美徳の価値観が存在しています。しかし、この美徳を覆う闇があることを今回の「耐震偽装隠蔽問題」で私は目視したのです。

人の命や財産を犠牲にするにも関わらず、平然と「嘘」つける大人の存在。
同じく、人の命や財産の犠牲の上に、「隠蔽」してしまうような体質です。

ヒトラーは、「人民は簡単な言葉に迎合する」と言いました。そこに哲学はないのです。小泉元首相が語る言葉は正にこれが当てはまります。

今の時代を、豊かに、そして、真に明るく、全うするためには、一人一人が、正と邪鬼を見極める、正しい眼を持つ必要があります。

お爺さんやお婆さんの世代に聞けばわかると思いますし、藤原正彦先生(※2)の本を読めばたくさんのヒントがあります。

単純な思考がよいなどという、安易な発想だけではいけないと僕は思っています。

もちろん、ずばり物申す時は必要です。でも、今の時代に必要なことは、長く日本を覆ってきた闇を取り払うために、光を心に差し込ませることだと僕は思います。
そして、それは誰にも出来ませんし、してもくれません。

一人一人の日本人が努力するしか成しえることは出来ないのです。

僕は、「罪を憎んで、人を憎まず」と祖父、祖母、両親から教えられました。

今の時点で、戦うものが、表面的には、小泉元首相などの糾弾している人々であるかもしれませんが、僕は、彼らが罪に気付くことによって、公職から離れ、一からやり直せばよいと思うだけで、この正しい(この耐震偽装隠蔽事件を総括するための)結末を通じて、今の、日本を覆う闇の価値観を多くの人の努力と協力で取り払えると信じています。

毎日のように、親が子を殺し、子が親を殺し、友達が友達を殺し、そして裏切り、争いが絶えることがない日本は、まるで、「走れメロス」(※3)の王様が、誰も信じられなくなった「国」のような気がしませんか?

これを変えることが出来るのは、今の時代を共に生きる僕たち、我々、皆さんの力でしか出来ないと思っています。

僕は、必ず、僕の思いが、この国の代表者である安倍総理に伝わり、お会いできる機会を頂戴できることを信じています。

(※1)藤田氏の言葉による注釈を追記します。「この発言は深く、そしてとてもデリケートなものです。言葉の表層を単純に捉えるのではなく、深く見つめてください」

(※2)藤原正彦 1943年7月 旧満州新京生まれ。
父:新田次郎氏(直木賞作家。『孤高の人』、『八甲田山死の彷徨』など)
母:藤原てい氏(『流れる星は生きている』)
東京大学理学部卒業。東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。理学博士。 現在、お茶の水女子大学理学部数学科教授。2000年からお茶の水女子大学附属図書館長も兼任。専門は数論。哲学科の土屋賢二と並ぶお茶大の看板教授。昨年発行の「国家の品格」はベストセラーとなった。

(※3)走れメロス フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
小説家・太宰治による小説である。なお、小説の最後に伝説(ギリシア神話のエピソード)と「シルレル」すなわちフリードリヒ・フォン・シラーの詩(『Die Burgschaft 人質』)をもとに創作したと明記されている。


藤田東吾社長インタビューQ2.藤田社長は現在、1人で戦ってらっしゃるのですか?

1人です。イーホームズは解散し全ての社員は去りました。
ありがたいことに全員再就職が決まったと聞いています。
元社員の中にはメールなどで連絡を取っている協力者がいますので技術的なバックボーンは今でも維持出来ています。


また、理論的な観点からは、顧問弁護士はいますし、相談できる友人・知人・諸先輩方がいます。

僕が昨年「耐震偽装問題」を告発したことで、複数名の方が、因果関係はわかりませんが亡くなっているという事実は認識しています。
告発の内容に関わらず、最初にこの告発を行なった者としての罪の意識は持っています。だから今の時点で他の人を巻き込みたくないのです。

とは言え、表面的には一人のように見えるかもしれませんが、実は、沢山の仲間がいます。その仲間に私の思いは伝わっています。

ネットの世界では、最初に僕の言葉をそのままブログに掲載してくれた「きっこさん」真実のビデオ映像を撮影しYouTubeに掲載してくれた「らくちんランプさん」他にも「建築よろず相談さん」「きこりさん」「ganbareさん」また、多くの友人からもエールが届いています。

最初の質問でお話したように、僕が戦っているものは、目に見えない「歪んだ価値観」です。

サンテグジュペリ(※4)が語ったように、本当に大切なものは目に見えないものであり、この真理の対極には、本当の闇も目に見えないということなのです。

今、21世紀の初頭、日本は大切な岐路に立たされています。結果として、必ず、正しい選択で軌道修正されると思います。
思えば、1900年代初頭、日本は、国際的圧力の中で、日露戦争に突入しました。
この戦争を経て、日本は歪み始めていったような気がします。

今一度、過去を見つめなおして、正すべきものは正して、この戦い(耐震偽装隠蔽問題)が、聖戦として、全ての国民の至福に繋がることを祈っています。

(※4)サンテグジュペリ 【Antoine de Saint-Exupery】 - 国語辞書(大辞泉)
[(1900〜1944)]フランスの小説家・飛行士。危機的な状況のなかで行動する人間を通して人間性の問題を追求。作「夜間飛行」「星の王子さま」など。




藤田東吾社長インタビューQ3.小泉総理に送ったとされるメールの1部を10月27日にネット上で公表されましたが、なぜこの時期に公表されたのですか?

僕が、「隠蔽」という問題で、小泉前首相の名前をいつか出さなければいけないとずっと思っていました。そこに、高松の小学生の女の子からメールが届きました。

ネットでも書いていますが「何故、安部総理の前に小泉総理に会いに行かなかったのですか?」という内容でした。

ネット上に書いたように3月、小泉総理、国土交通大臣にメールをしました。また、内閣府にも電話をして面会をお願いしましたが、取りあってもらえませんでした。

その後、4月に私は逮捕されてしまい、小泉総理とお話する機会はつくれず、メールの内容は隠蔽されてしまったのです。
また、 僕が今回の「耐震偽装隠蔽問題」でヒューザーの小嶋社長と会ったのが昨年の10月27日だったこともあり、この事件が生じた時期の最高責任者であった元首相の名前を出すことにしました。


Q4.2度首相官邸に行かれましたが、前小泉内閣時に藤田社長のメールが隠蔽されたとの主張ですが、安部首相であれば話を聞いてもらえると考えられての行動なのですか?

はい。一国民として、時の総理大臣を信じられなくて、この国に住むことができるのでしょうか?僕は一貫して、安倍総理を非難したことはありません。

3月の時点では安晋会の存在も知りませんでしたし、アパグループの元谷氏が安晋会にいたということも認識していませんでした。

小泉首相は、闇を払拭できませんでしたが、安倍総理は、私を使って頂けると思っています。
時の総理大臣が、一国民である、私の話をお聞き下さると言うことは、私という者を通じて、日本の為になるとご判断されるからだと思います。


Q5.藤田社長に同調される支援団体などはあるのでしょうか?

私は日本人であり、私の、この戦いが、正しいものであるなら「日本という国」が、私を支持してくださると信じています。

Q6.ネット上に藤田社長の考えを支持するブログなどが多数ありますが、この方たちは支援団体とかではないのですか?

先ほどお話しましたように「日本という国」が支援して下さる、ひとつの表れだと思います。



グランドステージ東向島Q7.藤田社長に命の危険があるのでは?などネット上のコメントが多いのですが身の危険を感じますか?

僕の主張していることが、日本という国の為になるのであれば、怖れるものなどありませんし、現在は、そんなに危険だという意識はありません。
体中に、危険の恐怖を感じていたのは、3月から4月頃です。

結果として、死にはしませんでしたが、逮捕によって希望は失われ、人間として廃頽しました。よく立ち直れたと思っています。
家族や友人などの愛する人々のお陰です。


Q8.昨日(30日)発表されたメッセージ(陸軍=物、海軍=魂)は、いろんな誤解を生むメッセージではないでしょうか?

もっと遡るなら、「海彦山彦」(※5)の兄弟の話に行き着きます。
兄を慕うという「愛」という兄弟愛より「針」という物質を優先した「利」と全く同じ内容のメッセージであると思って下さい。

戦前の日本を体験され知っていらっしゃる世代の方であれば、陸軍的価値観と、海軍的価値観について、その言葉が即戦争をイメージする言葉ではなく、その本質をご存知だと僕は思います。

(※5)海彦山彦
日本最古の古典、古事記に書かれた文献。古事記は元明天皇の勅により、碑田阿礼が暗記していたものを安万侶が撰録して712年(和銅5)献上した。イザナギ・イザナミの国造り話、岩戸の舞、スサノオの八俣の大蛇退治と因幡の白兎などが書かれている。




YOUTUBE Q9.マスコミは藤田社長の訴えをほとんど報道しません。このことをジャーナリストの江川紹子氏が自身のサイトなどで現状の藤田社長に対するマスコミの姿勢を批判していますがご存知ですか?

確かに現在、日本のマスコミは、品位を失い、堕落したと、言われても反論できないでしょう。
真のジャーナリストは、本来、自由人であり、怖れるものなどないはずです。徒党を組むことで、虎の威を借りた、つまらないジャーナリストに成り果てることなく、改めて、自らの足元を照らし、再び、歩き出すはずだと私は信じています。


江川紹子さんは、ある友人の紹介で先日取材を受けました。3時間近くかけて、耐震偽装隠蔽問題について私が知っていることを説明申し上げました。江川さんには良くわかっていただけたと思います。構造設計と審査の関係はホワイトボードで判りやすく説明させていただきました。

僕は、今でもジャーナリストの方々やテレビ局の関係者の方々は善良な方ばかりだと思っています。しかし、人間の質として善良であったとしても、ジャーナリストの仕事を選択した人間であるならば、いかなる圧力があっても屈してはいけないはずです。



首相官邸前Q10.TBSの証拠資料を預けられたそうですが?

10月22日に、首相官邸にお伺いした時に、その様子を取材したTBSの方にお渡ししました。今は、その方の上司の手元にあるはずです。お渡しする時に、TBSでも内容を調査すると言われていました。
証拠資料の内容が不明な場合は、東大の野城先生なら明快にご即答できるとお思いますので、推薦申し上げました。

ただ、今の時点でも、TBSがこの内容について報道していない状況だと聞いています。
このことから僕の身が危険ではないかと心配する多数の方からメールが届きます。
この資料の件はTBSの方には早く報道をしていただきたいと願っています。

以上

首相官邸前画像【スパイラルドラゴン氏撮影】
マンション画像【JanJan編集部撮影】
インタビュー【頑張れ藤田東吾管理人】


最後に
藤田社長の勇気ある行動に感動すると共に、危険ではないかと心配してしまう自分がいる。このブログを運営をしていること自体、危険ではないかと思うのも事実である。
まさに、この「危険ではないか?」と感じることが藤田社長の語る「日本を覆う闇」ではないだろうか?
戦後、いやもっと前から日本を覆っている、この深い闇に一石を投じた藤田東吾社長。
世界中がインターネットで繋がったグローバルな環境の中、10年遅れのIT革命が今、日本でスタートしたのではないだろうか?


藤田東吾1961年生まれ
1986年明治学院大学法学部卒
1981年雑誌ポパイの編集アシスタント
1986年(財)流通経済研究所の研究生
1985年株式会社コンセプチャアルデザイン研究所(商業施設の企画、設計)
1991年フリージアホーム株式会社(ログハウスを主力製品とした別荘建築メーカー)
1996年独立、エアーイースト株式会社を創業(ガーデンの設計施工の会社)イーホームズを創業。

イーホームズ沿革と事業遍歴
1999年12月14日設立。建築物を第三者として審査評価する仕組みや、当該審査状況などをweb上での情報配信するシステムをでも運営
2001年3月ビジネスモデル特許申請
2001年5月25日指定住宅性能評価機関として国土交通大臣より第80号指定。
同年12月21日に指定確認検査機関として同10号指定
2002年1月事業稼動。
2003年8月環境大臣指定の土壌水環境の指定調査機関
2004年6月建築基準法上の指定性能評価機関として性能4区分での指定を得る
2005年11月姉歯物件な耐震構造偽装を公表


以下関連サイト
藤田氏決起の意味
イーホームズ藤田社長のメッセージを解説してみる
(反戦な家づくり)

真実の見方(3)
真実の見方(2)
藤田社長を見殺しにしてはいけない
忍び寄る暗黒社会/北を笑えないニッポン
報道革命の日
(Yahhoo! japan News--->棒に怒る日本人)

藤田東吾社長の告発文の内容は真実です。
マスコミ関係者向けの「大臣認定プログラム」の説明
イーホームズ藤田東吾社長からの、様々な疑問に対する回答文
(らくちんランプ)

【JANJAN耐震偽装関連記事】
国交省に葬られた意見(最終回)
国交省は、建築家(設計事務所)の多くを廃業に追い込もうとしているのか!
国交省に葬られた意見(3)
イーホームズ藤田東吾氏が訴える「アパ」マンションの偽装とは

国交省に葬られた意見(2)
アトラス設計・渡辺朋幸氏が無資格

国交省に葬られた意見(1)
イーホームズ藤田社長「耐震偽装見逃し」は実質無罪

【夕刊JanJan】藤田被告「隠ぺいのための逮捕だった」
イーホームズ藤田社長逮捕は妥当なのか

YOU TUBE
藤田社長のビデオ
その4 http://www.youtube.com/watch?v=JxerZzgUlGk
その5 http://www.youtube.com/watch?v=1hZYk-IwX6Y
その6 http://www.youtube.com/watch?v=04MDw0Utvd0
その0 http://www.youtube.com/watch?v=U1Jn1TNZG8s
その1 http://www.youtube.com/watch?v=rZbeS5CiU3U
その2 http://www.youtube.com/watch?v=_eaWJgy2Z3E
その3 http://www.youtube.com/watch?v=1QGE4JWWDbA

平成17年10月22日(日)首相官邸を訪れた時の様子
その1 http://www.youtube.com/watch?v=LrgaPATsKDU
その2 http://www.youtube.com/watch?v=dApNqiZ5k3A&mode=related&search=

【注釈に解説を行なった書籍】
国家の品格
国家の品格/藤原正彦
走れメロス
走れメロス/太宰治
サン=テグジュペリ・コレクション(2)
サン=テグジュペリ・コレクション(2)
古事記
古事記





| 05:06 | 藤田東吾社長ロングインタビュー | comments(2) | trackbacks(0) |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
スポンサーサイト
| | - | - | - |
藤田社長を支持する方、1日1回クリックをお願いします!
人気ブログランキング(国内ニュース)→クリック
ニュースブログ村→クリック
賞味期限偽装、教育資料偽装、耐震偽装
この3つは全ての国民に関わることなのできちんとしてほしい
藤田社長頑張れ
最後まで応援します
| | 2006/11/02 19:15 |
耐震偽装問題に関して国はとにかく終わらせたいんですね。
札幌では、浅沼さんの偽装で騒がれましたが、それより問題とされる無資格者の荻島さんの件が未解決のままです。
更に名義貸しが横行してたと言いますから、まだまだ問題物件は多いはずです。
ただ、どこで偽装かどうかを判断してもらえばよいのか?
その費用は誰がもつのか?
問題物件になった場合、迅速な対応をどこがしてくれるのか?
この辺がはっきりしない限り、住んでいる人からすると資産価値が下がるだのの理由で検査すら拒み、なかなか表面化しずらいのではないでしょうか。
| モカ | 2006/11/02 11:28 |









 
この記事のトラックバックURL

http://ganbarefujita.jugem.jp/trackback/75